今のメーカーには誰が同じ賞を持って、この世紀の模範になるのか

今のメーカーには誰が同じ賞を持って、この世紀の模範になるのか.最初の名前-私自身もその-はJAR疲れ果て.クリスティーズジュエリーの総裁Franois Curiel、JARはJoel Arthur Rosenthal、その謎のアメリカ生まれの芸術家、彼パリスタジオで作った作品を、通常の販売はオークション2~3倍の価格評価.彼は絶えず進取のジュエリーメーカーが、彼のスタイルを持って、その国際クラブのメンバーを見分けてすぐ.人類歴史のほとんどの場合、控除コンセプトは意味がない.宝飾は貨幣より貴重で、それらは内在的な価値があるため、それらは分割され、取引を行うことができます.JAR会社を設立して33年以来、盛んな発展の不動産のジュエリー市場はジュエリーコレクター駆動にサイン(ブランド)の作品に興味を持って.特に過去10年間で、高級宝石製造業の復興期-独立独歩のデザイナーの間と伝統の家庭の中にもフランス-について検討を始めた次世代の作品は保存の話題.途切れ途切れの日付で記事方式に分かれて現時代、菱形で、きれいな幾何学ラインで定義にじゅう世紀にじゅう年代からさんじゅう年代の装飾派の芸術運動のように描いて現時代の特性もまだ早いが、多くの専門家も賛同と非伝統的なまだ伝統でも信じられる材質21世紀のジュエリー